トップページ >  シミ対策・美白の基礎知識 >  シミが出来る原因

メラニンが作られる原因

直接的なシミの原因はメラニン色素です。メラニンが肌内部に溜まることでシミができます。

紫外線に当たるとメラニンが生成されることはよく知られていますね。紫外線が肌の奥まで届くと、皮膚癌などのリスクがあるので、肌自身がメラニン色素を作ることでそれを防いでいるのです。そのような理由で、シミを防ぐには紫外線対策が大切です。しかし、紫外線以外にも外部刺激によりメラニンが生成されます。(紫外線も外部刺激の1つと言えます。)

外部刺激といっても色々あります。例えば、手で顔を強くこする、毛抜きで毛を抜く、ニキビを潰す、カミソリで産毛を剃る、化学物質、花粉、ハウスダスト、アレルゲンなど、数え上げればきりがないほどです。だから美白のためにはUVケアだけでは不十分なのです。

これらの外部刺激は肌のバリア機能により防がれています。しかし、バリア機能がうまく機能していない場合は、刺激が肌内部に入り込みやすいのでシミやソバカスが出来やすいのです。敏感肌や乾燥肌の方は、シミが出来やすいと言われているのですが、これはバリア機能が正常に働いていないことが原因です。

紫外線がシミの原因になる

肌に紫外線があたるとシミができるということはご存知かもしれません。なぜ紫外線がシミの原因になるのでしょうか?

紫外線が肌にあたると、そのままでは皮膚癌の原因となります。それを防ぐために肌は黒いメラニン色素を作って、紫外線をブロックしようとするのです。つまり、皮膚癌になるのを防ぐためにメラニンが作られ黒いシミができるのです。

紫外線をによりシミができるのを防ぐには、UVケア用の化粧品を使うことです。最近では、様々なコスメにUVケア用の成分が入っているものが登場しています。そのような基礎化粧品を使うことでシミを予防できます。

紫外線対策と言えば、夏の日差しが強い頃にするイメージがありますが、実は春も紫外線が多いのです。春にもUVケアを忘れないようにしましょう。